HOME > 空調事業 > ガスヒーポン(GHP)

空調事業

ガスヒーポン(GHP)

ガスヒーポン(GHP)

「GHP XAIR」の「X」は「究極の高効率」や「無限の可能性」を意味し、「AIR」は「快適な環境」「快適な空調」また、「AIRconditioner=空調システム」そのものの意味も持ちます。

ガスヒーポン(GHP)の仕組み

ガスヒーポンは室外機のコンプレッサーをガスエンジンで駆動し、ヒートポンプ運転によって冷暖房を行う空調システムです。

●ヒートポンプサイクル

一般に液体が気化するときにはまわりの熱を奪い、液化するときには熱が発生するという性質があります。この気化と液化のサイクルを強制的に繰り返すことで、夏は室内の熱を室外に汲み出し、冬は外気の熱を室内に汲み入れることができます。
これによって冷暖房が可能となるわけです。

ヒートポンプのしくみ

ガスだからパワフル&スピード暖房

ガス、カタログ値比較

ヒートポンプでの暖房能力に加え、ガスエンジンの排熱を有効に回収利用、運転開始と同時に温風を一気にダッシュ、寒い冬の朝でも素早く暖め除霜運転も不要です。


小電力・低ランニングコストで経済的

小型空調料金

ファンなどの補機類以外には電気を使わず、さらに発電機搭載により、電気消費量は20馬力相当で最小約0.1kWとごくわずか。
契約電力の低減や受電設備の軽減が図れます。
さらに発電した電力を建物に供給するハイパワーエクセルも登場しました。

●インバータ効果で最適コンロール

コンプレッサーを動かす心臓部にガスエンジンを利用。お部屋の中を素早く快適温度にします。しかも室温に合わせて、エンジン回転数を最適にコントロールするインバータ効果で、省エネルギー運転を実現しました。


施設のピーク電源や電力使用量を大幅に削減

ハイパワーマルチ

発電機を搭載したガスヒーポン「ハイパワーマルチ」なら電気エアコンの約1/100のわずかな電力で空調できます。契約電力を大きく低減して電気料金を抑え、さらに、経済的なガス料金で、空調ランニングコストの大幅な削減が期待できます。


環境にやさしいガス空調システムのCO2排出量抑制への貢献

アイシン空調、ヤンマー空調

●高性能の発電機付は、さらに小電力

「ハイパワーエクセル」は冷暖房しながら、エンジン余力で高効率に発電した電気を建物に送る画期的なシステムです。
ガスヒーポンの電気使用量、CO2排出量をいっそう削減します。

●低負荷領域の効率を向上、高い省エネ性を実現

「GHP エグゼアⅡ」は、低負荷領域の効率を向上させ、従来機種と比較して、大幅な年間エネルギ消費量の低減を実現しました。


ページトップへ